シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【LF Gun Crafting】AK47HC その2 フロントASSY分解 【依頼品No.1】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

分解します

こんにちは!フレッチです。

オーバーホールのため預かったK氏のハイサイクルAKを分解していきます。

分解手順

バッテリーカバーとマガジンは外しておきます。

基本的にプラスネジはドライバー1番、六角は2mmです。

HOP調整レバーを外します

ダミーボルトを少し引いて、HOP調整レバーを留めている小さなタッピングビスを外します。

ネジもレバーも小さいので紛失注意。

ダミーボルトのロッドを外します

次に、ダミーボルトのガイドロッドを、バッテリーカバーロック部品から抜きます。

ラジオペンチなどを使い、ロッドだけをマズル側に押し込んでから時計回りに少し回転させると外れます。

インナーカバーを留めているネジ

インナーカバーを留めているのはこの小さなタッピングビス1本。

ビスを抜き、インナーカバー全体をダミーボルトと一緒に後ろ斜め上方向にズラすと外れます。

インナーカバーが外れると、メカボの上面が見えます。

チャンバー固定ネジ2本

次に、HOPチャンバーを固定しているタッピングビス2本を外します。

特に左側はヒューズ周りの配線が邪魔になりやすいので、ここでヒューズ配線をどけてしまいましょう。

フロント固定ネジ4箇所

チャンバー固定ビスを外したら、フレーム下面の六角皿ネジ2本とマガジン挿入部のプラス皿ネジ2本を抜きます。

ここはタッピングビスではなくミリネジなので、トルクもかけやすく安心ですね。

この4本を外すと、フロントASSYをフレームから分離できますが、外れやすい部品があるので注意。

スプリングに注意

まず、フロントASSYの右側面にあるスプリング。

溝にはまっているだけなので、すぐにポロっと落ちます。

細くなってる方がストック側

また、このスプリングには方向がありますので、組み立てる際は注意が必要です。

端の巻きが細くなっている方が、ストック側、太い方がマズル側です。

フロント固定ネジのナットに注意

フロントASSYを固定している4本のミリネジのナットも、こぼれやすいです。

これも溝にはまっているだけなので、外しておきましょう。

フロントASSYが外れました

これで、フロントASSYがフレームから分離できました。

この状態でHOPチャンバーを後ろに引き抜けば、チャンバーとインナーバレルがフロントASSYから分離します。

次はフレームからメカボックスを取り出します。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク