シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【LF Gun Crafting】東京マルイ AK47HC その1【依頼品No.1】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

同僚K氏からの調整依頼品。

通電が不安定とのことで、調子見で預かりました。

東京マルイのAK47HCです。純正ハイサイクルカスタムの第4弾ですね。

バッテリーは…う〜ん。。。

一緒に預かったバッテリー2本のうち1本は被覆が裂けていて危険なので、諦めてもらう方向で。

もう片方も劣化で使用不可の可能性は十分あるけど、、、

あーこれが被覆裂けの原因かな?

AKバッテリーって配線の取り回しでかなり無理をするんですね。。。

とりあえず動いたから初速チェック

AKバッテリーは持ってないですが、コネクタは共通なのでミニSバッテリーを繋いで動作確認。

お?普通に動くぞ?

K氏いわく、動いたり動かなかったりとのことで預かりましたが、それもしかしてバッテリーのせいじゃね?

あと本体側のコネクタがかなり緩いので、コネクタパーツは交換します。

初速は東京マルイ ベアリング(プラ) 0.2gで10発平均77.37m/sでした。0.6Jくらい。

調べてみるとハイサイクルシリーズは箱出しで80〜85m/sくらい、AK47HCは箱出し80m/s前後なので、スプリングは交換しなくてもよさそうですね。

ギアノイズが大きめ

ハイサイクル使ったことないので正常なのかわかりませんが、ちょっとギアノイズが大きい気がします。

セミで撃つと「ジャッ!ジャッ!」っていう感じ。

普段使ってるのが静音カスタムしたSCARなんで、ハイサイクルはこれが普通なのかも知れませんが。。。
まあ、メカボ開けてみればわかるでしょう。

OHのついでにライトチューンします

せっかくオーバーホールのために分解するので、ついでに軽めのチューニングをしようかと思います。

次世代電動ガンSCAR-L CQCのインナーバレルをDIYでテーパーバレルにカスタムしてみた | 水平飛行からはじめよう

まずはバレルのテーパー加工とチャンバー加工、あと気密取り。

あとメインスプリングを水道パッキンでかさ上げすれば、たぶん85m/sは出せるはず。

ノーメンテで77m/s出てるので、もしかしたらメカボ清掃とグリスアップ、気密取りだけで90m/sに届くかも知れません。

それと、ピストンの後方吸気加工ですかね。
メカボの負担が大きいハイサイクルならやっておいて損は無いでしょう。

もちろん、SBDも入れます。スイッチの状態にもよりますが、無いよりはあった方がいいので。

では、次回から分解を始めます。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク