シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛銃紹介 東京マルイGlock17 “F-Special”

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

グロック大好きホリデーガンスミスのフレッチです。

前回のテッポー紹介が2013年末ですから、約2年半、テッポーの記事書いてないですね。

SIGを紹介した時点ではまだ一度もサバゲ経験していなかったのですが、2014年のGWあたりにサバゲデビューして、サバゲ歴は約2年になりました。

2年もやってると、やはり装備や銃も変わってくるわけでして、ゲームを重ねて「使える」と判断したものだけを残していった結果、いま手元にあるのはSCAR-L CQCとGlock17の2挺だけとなりました。あ、あとトルネードグレネード。

インドアゲームに勝つためのキャリーガン

F-SpecialはFletcher-Specialです。要するに俺様仕様。

インドアゲームで勝つための、より多くヒットを取るためのカスタムです。

Glock17 F-Special

全体像はこんな感じ。

グロック好きなんですけどグリップアングルが合わないので、ストレートグリップ加工してあります。

あと、最近たくてぃこー周辺で流行ってるステップリングとハイグリップ加工。

スライド先端の色が変わっているところは、先日割れたのでアセトン溶着をして整形した跡です。

コンセプトとしては、低予算だけど本気のキャリーガン。
金かければいくらでも勝つための銃なんて作れますからね。特にグロックなんて、サードパーティ製のパーツだけできちんと動く1挺が組めるほどにパーツは充実してますから。
いかに金をかけずに、当たる銃に仕上げるか。
こんなガチの見た目ですが、実は社外パーツは2個だけです。

外装はたくてぃこー

G17 Grip

ステップリングはSAI風のワッフルパターンです。

マグキャッチ周辺を削り込んで、握り直さずに操作できるようにしてあります。削り込んだ場所はワンポイントにステップリングパターンを変えています。

G17 Front Sight

フロントサイトは薄暗いインドアフィールドで威力を発揮する集光アクリルサイト。

最初は純正付属のナイトサイトだったのですが、蓄光するのが面倒なので集光にしました。

うっすらと割れた部分がわかりますね。

中身もスペシャルなのよ

外装だけでも十分カスタムガンなのですが、見た目だけじゃヒットは取れないので中身も手を入れてあります。

とはいえ、先述したように社外パーツは2個だけ。しかも一つは集光サイトなので、中身はほとんどノーマルです。

たったひとつの社外カスタムパーツは、アルミ製の軽量ブリーチ。
スライド重量が軽くなり、ガス圧が下がっても安定して作動しますし、何より発射時のブレが少なくなるので速射してもよく当たります。

加えて、インナーバレルの先端をテーパー加工。
これは一気に大量のガスが放出されるガスガンでは、銃口付近の乱流で弾がブレるのを防ぐ効果があるそうなので採用しました。効果のほどはきちんと計測していないので不明ですが、速射するとキレイに同じ軌道を通って飛んで行くようになった気がします。

そして、一番最近施したのが、ホップアップチャンバーの固定強化。
どうやったのかは企業秘密ですが、フレームとインナーバレルがガッチリ固定されています。
もちろん通常分解には支障のない方法です。

純正そのままでも、ガスガンの構造上、インナーバレルは基本的には動かないのですが、微妙なガタはあります。まあ、これは大量生産のマルイ製品では必要なクリアランスなのですが、発射機構は固定されていたほうが精度が上がるのは事実ですから。

フリーダムアートさんのアキュコンプがインナーバレルをコンプに固定して精度を上げていることにヒントを得て、実物ホルスターに収まるように外見を変えずにインナーバレルを固定する方法を考えました。

現状、少なくとも上下方向には、インナーバレルは動きません。左右方向は元々そんなにガタの無い個体なので、そのままにしてあります。

あとは練習あるのみ!

インドアでも長物を使うのは確かに有利なんですが、準備も運搬も手間がかかります。

射程の差が影響しづらいインドアならハンドガンだけでも十分に楽しめますし、最小限の装備で気軽に遊びたいという思いもあって、最近はハンドガンに重点を置いています。

理論上は、ガスブロでもよく当たる銃になったわけですから、あとは射撃技術と立ち回りなど、自分の能力を上げていくのみです。

とりあえず左手左目使えるようにならないとね。

それじゃあ、また。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク