シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【MacBook Air】間違って選んだキーボードだけど愛着が湧いちゃってしょうがない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG 0056

こんにちは!フレッチ(@Fletch_LF)です!

マカーの皆さんはどのキーボードを使っていますか?

日本国内のシェアではJISが圧倒的に多く、その次にUSでしょう。

プログラマさんなんかはUS配列のほうが作業効率が良かったりするみたいですね。

やはりキーボードはそれぞれの言語を入力しやすいように進化してきたわけですから、日本語を使うならJISが一番いいんでしょう。

そんな日本に住んで、日本語でブログを書いている私フレッチですが、使っているMBAのキーボードはJISでもUSでもありません。

なんとUK配列です。

キーボード配列は結局”慣れ”

USにしようと思っていたのに注文するときに間違ったせいなのですが、今となっては愛着が湧いてきました。

記号の配置などはJISともUSとも違うので、最初は戸惑ったりもしましたが、もともとブラインドタッチには程遠いので慣れてしまいましたw

数字の2にユーロ記号、3にはポンド記号があるのが素敵です。

もともと英語もアメリカ英語よりはイギリス英語のほうが好きですし、一見US配列に見えて実は違うというのもお気に入りポイントです。

あ、そうそう。イコールとかプラス・マイナスの記号が数字と同じ列に全部あるので、表計算やるときはポジション移動が少なくて楽です。

ホームポジションの位置がいい

US配列もそうですが、JIS配列よりもホームポジションがより本体の中心寄りなので、トラックパッドの誤タッチも少ないです。

画面に向かって自然に手を伸ばせばだいたいホームポジションというのは地味ですが快適です。

仕事ではWindows機とMBAを並べて使うこともあるのですが、いちいち目視しなくても自然にホームポジションに手が乗ると、複数マシンの行き来が楽です。

まとめ:UK配列はひねくれ者にオススメ

まあ、私がひねくれてるからなんですけど。

JIS配列はお洒落じゃないけど、US配列はドヤ顔っぽくてどうも…という人にはUK配列をおすすめします。

ザ○とは違うのだよザ○とは!的な気分になれますよw

じゃあ、また!

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク