シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京マルイグロック17のモディファイ その1 準備

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!フレッチ(@Fletch_LF)です!

先日の卒論終わったしグロックのモディファイやるよ!で宣言しました、グロックのモディファイはじめました。

素材はこちら↓の東京マルイ グロック17 3rdジェネレーションモデルです。

R4003007

あ、最初にお断りしておきますが、フレームを加工するので、当然ながら失敗すればフレームは使えなくなります。

鋸やハンダごてなど危険な工具や、引火性の高い溶剤なども使いますので十分に注意してください。

お約束ですが、この記事を参考にして発生したいかなる事態にも、私は一切の責任を負いません。

モディファイの目標

R4003007 18

最大の目的はストレートフレーム化です。

実銃でも盛んなグリップリダクションですが、今回は完全に曲線をなくしてしまおうと思います。

あとは、グロックモディファイの王道、トリガーガードのラウンド化と削りこみ、ステッピング(原語はStipplingなのでステップリングのほうが正しいかな?)はやりたいところです。

とりあえず必要な物を揃えましょう。

必要なもの

工具

  1. 樹脂用の鋸(ピラニア鋸など)
  2. 耐水ペーパー#120、#240、#400、#1000
  3. 棒ヤスリ(平細目、甲丸細目)
  4. 造形用ヘラ(アイスの棒とか竹串でもいいけども)
  5. ハンダごて(100W コテ先加工しますので交換できるものがおすすめ)
  6. 金ノコ、目立てヤスリ(コテ先のチェッカリング加工に使います)
  7. 真鍮ブラシ

素材とか

  1. 30mmΦ ABS樹脂パイプ(20cmもあれば十分です)
  2. アセトン(可燃性の有機溶剤なので取り扱い注意)

その他安全用品など

  1. 粉じん用マスク
  2. 防塵ゴーグル
  3. ハンダごてスタンド
  4. ガラス製ピペット

これに加えて、分解用のドライバーやピンポンチなどが必要です。

次回はフレームの加工を始めますよー!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする