シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Evernoteをもっと使ってみるためにPost-it®強粘着を買った

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!フレッチ(@Fletch_LF)です!

突然ですが、Evernote使ってますか?

私はずいぶん早い時期からのユーザーではあるのですが、これまで今ひとつ活用できずにいました。

でも、最近登場した新機能「Post-it®ノート連携機能」には大きな可能性を感じました。

現在、卒論執筆まっ最中の私。

書くべき内容や考えたことはできるだけノートに書き留めているのですが、最近になって一つの問題がわかってきました。

それは、普通のノートは時系列の記録には向いていても、断片的なメモを整理したり再構築したりというのが難しいということです。

別に断片を整理再構築するだけなら、手持ちの情報カードでPoICとかKJ法とかやればいいんですが、ストックしておいたり、広げて並べ替えたりというので場所をとるんですよね。しかも紙片は散逸しやすいという欠点があります。

その点、「Post-it®ノート連携機能」でEvernoteに取り込んでしまえば、メモそのものはなくなっても情報は残りますし、タグや付箋の色で整理も再構築も簡単だろうとおもって、早速Evernote対応の強粘着ポストイットを買ってきました。

特に専用ではなく、普通の強粘着ポストイットの、黄色、水色、ピンク、緑ならなんでもOKというのもいいですね。

使い方とか特徴はエバノ中毒なごりゅごさんのこの記事↓が詳しいです。

Evernoteのポスト・イット®ノート連携機能 使い方とかいろいろまとめてみたよ | ごりゅご.com

ちなみに強粘着なので、断片を壁に広げて物理的に整理したりもできます。粘着のない情報カードを使うPoICやKJ法は水平に広い場所が必要ですが、粘着のあるポストイットなら垂直面も使えるのがいいですね。

とりあえずポストイットを買ってきただけなので、これから実際に使いながら、自分なりの活用法を考えていきたいと思います。

じゃあ、また。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク