シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カード入れを買ったから持ち歩いているカードの棚卸しと分類!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!フレッチです。

薄い財布のカード入れに入りきらないカードを入れるために単パスケースを買ったので、パスケースに入れるカードを選抜しました。

選抜条件はお金と同時に使うかどうか

現在、私がいつも持ち歩いているカードは次の9枚です。

  1. 免許証
  2. 学生証
  3. アルバイト先の従業員証
  4. 銀行のキャッシュカード
  5. クレジットカード
  6. 保険証
  7. いつも使うスーパーのポイントカード
  8. PASMO
  9. 学食のプリペイドカード

このうち、ペラッペラの学食のカードを除く8枚を、薄い財布の限界収納量である5枚まで減らし、残りを単パスケースに移します。

カードを使うときのストレスを少しでも減らすために買った単パスケース、やみくもにカードを移しても利便性は上がりませんから、一定の基準を設けます。

基本的にはそのカードを使う時に、8割以上の確率で現金を扱うものは財布に、8割以上の確率で現金を扱わないものは単パスケースに移します。

上から順に行きましょう。

まず免許証と学生証。どちらも身分証明に使うので、現金とは関係がなくても分散させたいところです。
ということで、学生証は財布に、免許証はパスケースに。

次にアルバイト先の従業員証。これは朝イチで出勤する時に通用口でしか使いませんから、パスケースに。

銀行のキャッシュカードは、使うときには現金が財布に入るか出て行くかするので、財布に。

クレジットカードは現金の代わりに使うものですが、パスケースにはレシートを入れるスペースは無いので財布。

保険証は、病院にかかる時に必要です。病院では治療費の支払いで現金を使うので、財布。

スーパーのポイントカードはもちろん買い物をする時に使うので、もちろん財布。

PASMOはチャージをする時以外、現金と同時には使いませんし、そもそも札押さえの部分に入れていてカードの型が浮き出ているのが気になっていたので、パスケースに。むしろこのPASMOを財布からどかしたくて単パスケース買ったようなものですし。

最後に学食のプリカですが、薄いし頻繁に少額をチャージしながら使っているので財布。

パスケースには免許、従業員証、PASMO

ということで、パスケースには運転免許証、従業員証、PASMOの3枚を移しました。

これで薄さが微妙に損なわれていた薄い財布も、本来の薄さを取り戻しました。

昨日、歯医者にかかりに電車とバスで移動したのですが、財布を鞄の中に入れっぱなしでパスケースだけで移動できるのはとても快適でした。

やはり、パスケースを買ってよかったと思います。

じゃあ、また。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク