シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iPhoneで矢印を簡単に入力するために辞書登録を使う(おまけ:PC/MacのGoogle日本語なら簡単!)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!フレッチです。

皆さんはiPhoneで矢印を入力するとき、どうしていますか?

矢印って、こういうの→↑←↓

私はガラケーを使っていた時から、矢印をいちいち”やじるし”と打ち込んで変換するのが面倒だと思っていました。

iPhoneでも”やじるし”と打ち込んで変換すれば矢印を出せますが、変換候補を選ぶ時に十字キーが無い分、ガラケーよりもさらに面倒くさい。

そこで使っているのが、辞書登録です。

私は、次のように登録して使っています。

  • やぬ… ↑
  • やに… ←
  • やの… ↓
  • やね… →

直感的にわかる二文字で矢印が出るようにする

変換する文字列の二文字には、言葉としての意味はありません。
矢印を快適に入力するために、考えて選んだ二文字です。

辞書登録するとはいっても、普通に”やじるし”と打ち込んで変換するのと手数が変わらなければ、わざわざ辞書登録する意味がありません。

なので、変換する文字列は少なくとも”やじるし”の四文字よりは少なくします。

さらに、矢印の向きは4つあるので、どの向きの矢印が展開されるのか直感的にわかった方が便利です。

ガラケーでは起点のキーとの位置関係で方向を決めていた

ガラケー時代は、”なか”、”なた”、”なは”、”なや”のそれぞれに、↑、←、→、↓が対応するように登録していました。

テンキーの中心に位置する”な”を起点として、それぞれ後に続く文字のキーがある方を向いた矢印が出るようにしていました。

iPhoneではフリックする方向で矢印の方向を決める

ガラケーには無くてiPhoneだからこそできること、それはフリックです。

フリック入力なら、中央の”な”のキーは上下左右の4方向にフリックできるので、フリックする方向で矢印の向きを決めることにしました。

iPhoneの辞書登録では、変換する文字列を二文字以上にしなければならないので、これだけでは辞書登録できません。

そこで、”な”キーのフリックで方向を決めるとして、矢印を入力することを明確にするため、矢印の頭文字”や”を組み合わせたわけです。

矢印は意外と使うのに入力が面倒

PCやMacの日本語入力でもそうですが、矢印は特にブログで意外と使いやすい割に、入力するのが面倒だったりします。

たった一文字を入力するために、四文字も入力して変換候補から探し出して、というのは、ちょっと無駄っぽい。

せっかくの辞書登録機能なので、よく使う文字や表現、文字列はバシバシ登録して省力化しましょう!

おまけ:Google日本語入力で矢印を出す方法

これはiPhoneではなくPCやMacでの話ですが…

Googleの提供する日本語IME、Google日本語入力なら、たった2キーの入力で矢印を表示してくれます。

  • zk… ↑
  • zh… ←
  • zj… ↓
  • zl… →

Google日本語ではzキーコマンドなるものがあって、矢印以外にも便利な簡単入力があるようです。

Google日本語入力で使える「Zコマンド」がすごい | IDEA*IDEA

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク