シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

就活生に贈る、スーツに着られないためのアドバイスその3 ネクタイの結び方

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

大変お待たせいたしました。

就活生に贈るシリーズ第三弾、ネクタイの結び方です。

セルフタイマーでいくら頑張っても、納得のいく写真が撮れなかったので、最終的にぽにさんに手伝ってもらいました。

シリーズ目次

紹介するのは三種類。襟の形やタイの厚みに合わせて使い分けを

この記事では代表的な結び方を三種類紹介します。

  1. 基本中の基本 シングルノット
  2. 薄いタイをしっかり見せる ダブルノット
  3. バランスのとれた結び目 ハーフウィンザーノット

さっそく結び方に入る前に、ネクタイの名称について。

Exif_JPEG_PICTURE

幅が広く、表に出る方の先端を大剣、細い方の先端を小剣と呼びます。

この記事では”大剣を〜”というふうに解説していきますので、覚えておいてください。

それでは、シングルノットから。

1.シングルノット

これは基本なので、敢えて解説する必要はないかもしれません。

一番メジャーで、一番簡単な結び方です。

結び方

Exif_JPEG_PICTURE

ネクタイを襟に通したら、大剣を小剣の上に乗せるようにクロスします。

Exif_JPEG_PICTURE

そのまま、大剣を小剣に巻きつけます。

Exif_JPEG_PICTURE

巻きつけた大剣を、最初にクロスした部分の上に裏から通して表に出します。

Exif_JPEG_PICTURE

上から出した大剣を、小剣に巻きつけた輪っかの中へ通します。

Exif_JPEG_PICTURE

大剣を下に引き締めると、出来上がり。

この時気をつけたいのは、あまり強く結ばないことです。

シングルノットでは、そもそも幅の狭い結び目になります。
フワッとした位がちょうどいいでしょう。

Exif_JPEG_PICTURE

小剣を引いて、襟に収めます。

強く結びすぎると、ネクタイによっては下の写真のように、貧相な印象になってしまいます。

Exif_JPEG_PICTURE

実は、就活生のスーツ姿で一番目につくのがこの”ネクタイの結び目が小さすぎる”ことです。

あまりきつく結ぶのは、ネクタイも傷みますのでやめましょう。

また、シングルノットしか知らないと、薄手のタイを使った時に、特に強く結ばなくても同じようなことになります。
薄手のネクタイでは、ダブルノットやハーフウィンザーノット、場合によってはウィンザーノットを用いて、結び目の幅を確保しましょう。

シャツとの相性

例の写真のように、ボタンダウンなど襟の細いシャツ、ナロースプレッドからレギュラーまでの襟と相性がいいです。

また、ニットタイや厚手のタイは、シングルノットでないと結び目が大きくなりすぎてしまいます。

2.ダブルノット

シングルノットでは貧相になりがちな、薄手のネクタイをきちんと結ぶ方法です。

また、レギュラーカラーでも襟羽が長く、縦方向に幅がほしい時や、ネクタイを立体的に見せたい時に使います。

結び方

Exif_JPEG_PICTURE

クロスして、大剣を小剣に巻きつけるところまでは同じです。

Exif_JPEG_PICTURE

次に、大剣を上に持っていかずに、もう一度小剣に巻きつけます。

Exif_JPEG_PICTURE

2回巻きつけたら、裏を回ってクロスの上から大剣をおろします。

このとき、1回めに巻きつけた輪っかの中に通します。

結び目を正面から見た時に、二重になった輪っかの下から大剣が出てくる形です。

Exif_JPEG_PICTURE

ちょっとわかりづらいかもしれませんが、このようになります。

あとはシングルと同じように、大剣を引き締めて形を整え、小剣を引いて襟に収めます。

Exif_JPEG_PICTURE

シングルとくらべて、ボリュームのある結び目になります。

シャツとの相性

レギュラーカラー、襟羽の長いドゥエボットーニなどに合います。

薄いネクタイは、ダブルノットでないと様になりません。

3.ハーフウィンザーノット

ハーフウィンザーノットは、結び目の三角形のバランスがよく、しかもボリューム感がある結び方なので、使うネクタイによっては主張が強くなりすぎるかもしれません。

ネクタイを強調したい時や、なかなかバランスよく結べない、生地の柔らかいネクタイを結ぶ時に使います。

ちなみに私は、ニットタイ以外はすべてこのハーフウィンザーノットを使っています。

結び方

Exif_JPEG_PICTURE
他の結び方と同じように、大剣を小剣に乗せるようにクロスします。

Exif_JPEG_PICTURE
大剣を、小剣の裏を回して・・・

Exif_JPEG_PICTURE
表から、クロス部分に通します。

Exif_JPEG_PICTURE
大剣が裏側に出てきますので、いったん軽く引き締めます。

Exif_JPEG_PICTURE
裏から出てきた大剣を、小剣に重ねます。

Exif_JPEG_PICTURE
今度は裏からクロス部分に通します。

Exif_JPEG_PICTURE
輪っかに通します。

Exif_JPEG_PICTURE
大剣を引いて結び目を引き締めますが、この時、画像のように大剣をつまんで、エクボを作ってやると、ネクタイに表情が生まれます。

Exif_JPEG_PICTURE
ハーフウィンザーは横幅が広くがっしりした結び方なので、エクボがないと少々のっぺりした印象になってしいます。

Exif_JPEG_PICTURE
小剣を引いて襟に収めます。

シングル、ダブルに比べて、左右のバランスが良く、存在感のある結び目になるのがわかるかと思います。

シャツとの相性

レギュラーカラーから、ワイドスプレッド(ウィンザー)カラーが合います。

ネクタイやシャツの種類、イメージに合わせた結び方を

この記事では代表的な結び方を三種類紹介しましたが、ネクタイの結び方はまだいくつも存在します。

手持ちのネクタイに合った結び方、シャツとのコーディネートなど、色々と研究してみてください。

ネクタイの結び方1つで、印象というのは大きく変わってしまいます。

センターからズレてボタンが見えるのは言語道断ですが、結びがキツすぎて結び目のバランスが崩れていたり、ねじれて小剣が覗いていたりということも、印象を悪くする要因です。

自分なりの、完璧なシャツとネクタイの組み合わせを探してみましょう。

コメント