シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリカン・ペリカーノをコンバーター仕様にする

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

B級万年筆の名品と名高いペリカン・ペリカーノですが、様々なインクを楽しみたい人には”コンバーター非対応”ってのがちょっとね。

というわけで、ペリカーノを強引にコンバーター仕様にしてみました。

メーカー側が非対応としているとはいえ、コンバーターを差して使えないこともないんですが、嵌りが緩くて首軸の自重で外れてしまうんですよね。

緩いならキツくすればいいんじゃないかということで、用意したのは1mm厚のゴムシート。

こんな風にカットします。

カットするサイズですが、大体ペリカン純正コンバーターの口の部分に巻き付くぐらい。多少短くても大丈夫そうです。

コンバーターに巻きつけた状態で、そのまま首軸に突っ込みます。

そうすると、こんなふうに首軸の内部にゴムシートが嵌ります。

これで、コンバーターを使っていてもそうそう簡単に抜けることはなくなります。

コンバーターだけで持ち上げてもこのとおり。

ちなみに、コンバーター尾部と胴軸の干渉ですが、締め込みの最後1/4周くらいは、胴軸内部の突起がコンバーターを少し回してしまいます。が、それですぐにインクが漏れるほどピストンは動かないので、特に対策はしていません。

むしろこの突起が干渉している部分が、コンバーターをしっかり押しこんでくれるので安心です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク