シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

インクを滲ませないマーキング ダーマトグラフ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的なマーキングツールとして利用されるのは蛍光マーカーがほとんどでしょう。
しかし、私は蛍光ペンをほとんど使いません。

万年筆のインクは一部の特殊なものを除き水性です。
水性インクは、蛍光ペンでなぞると滲んでしまうのです。

そこで選んだのがこちら。

三菱鉛筆のダーマトグラフです。

ダーマトグラフの”ダーマト”とは、ダーマトロジー(皮膚科)の略だそうで。
皮膚やガラス、陶器、とにかくどんなものにも書くことができる筆記具です。

色は写真の通り、黄緑と橙を使っています。
芯が減ってきたら、ちょろっと出ている糸を引っ張って巻いてある紙を切り、くるくると剥がせばOK。
削り器も不要です。
インクジェットで印刷した印刷物も滲まずにマーキングできます。

インクジェットセーフを謳った製品にはステッドラーのテキストサーファーゲルもありますが、個人的には蛍光色がもともと好きではないのでダーマトを使うようになりましたね。

ひとつ欠点を挙げるとすれば、どんなものでも書ける=いろんなものに汚れが付きやすいのですが、その割には対応するキャップがない点でしょうか。
私は気にせずペンケースに放り込んで持ち歩いていますが。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク