シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お気に入りのシャープ芯 パイロット neox GRAPHITE

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なめらかさはトップクラス

三菱鉛筆のナノダイヤが発売されてから、どのシャープペンにもずっとナノダイヤを使ってきたのですが、パイロットのほうが書き味がなめらかであるとの評判を聞いたので購入してみました。

購入したのは写真にある0.7ミリと、0.3ミリ。
どちらも2Bです。

確かに評判通り、ナノダイヤよりもなめらかです。
三菱鉛筆のハイユニを使ったことのある方なら、あの書き味がシャープでといえば想像できるかとおもいます。
本当に鉛筆を使って書いているような感覚で、シャープによくある、芯のエッジが紙に引っかかる感じはまったくありません。

現在発売されているシャープ芯では、おそらくトップクラスの滑らかさだと思います。
ぺんてるのFOR PRO並か、それ以上かも。

発色も良く、鉛筆ならではの筆跡

シャープを含めて鉛筆の硬度は今までHBを使っていたのですが、万年筆を使い慣れて筆圧が下がった今ではちょっと薄いのです。
2B芯のプレスマンでははっきりと濃い筆跡になるので、他のシャープも2Bを使ってみようと思った次第。

硬度のやわらかい鉛筆を使った時のように、黒鉛がするすると紙に吸い付くような、鮮やかでくっきりとした描線になります。
本当に鉛筆と変わらない筆記感で、驚きました。
かえって鉛筆を使いたくなるような書き味です。

筆跡も鉛筆のように、くっきりした線から淡い線まで自在にコントロールできます。
太めの芯はスケッチやデッサンにもそのまま使えそうな印象です。

メインのシャープペンシルが変わった

今まではメモ用のプレスマン(0.9)と勉強用のGRAPH1000 For Pro(0.3)がメインで、0.7のカランダッシュ844はモレスキン専用だったのですが、このneox GRAPHITEのおかげで844が活躍の場を拡げることになりました。

0.7という芯径はマイナーですが、数字や英字を書くには非常に取り回しの良い芯径です。
しかもカランダッシュのオフィスラインは絶妙に使いやすい長さとバランス。
その重さも、私の低筆圧を補ってくれるので、書いていて非常に気持ちがいい。
ペンを回転させる時に邪魔にならないようにクリップを取り払って、いつの間にか一番よく使うシャープペンになりました。
鉛筆と同じ六角軸というのもいいですね。

それでも折れにくさはナノダイヤ

ただ、なめらかで心地良いneox GRAPHITEですが、0.3の方は正直に言って失敗かも。
硬度が2Bということもありますが、折れやすい。
0.3はそもそも折れやすいのですが、今までナノダイヤの強靭さに慣れてしまっているので、面白いくらいポキポキ折れます。
筆圧の高い方には、0.5以上の芯径をお勧めします。

近く、ナノダイヤの0.3、2Bも買ってきて比較したいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク