シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フィリップスヘッドフォンマラソン 第一回 SHE3580シリーズ(PHILIPS)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

※この記事は「2010AW フィリップス ヘッドフォンマラソン」に参加し、PHILIPSから提供された商品をレビューするものです。

第一回は廉価モデルのSHE3580シリーズ。

ポップなカラーの可愛い奴。

実売価格980円前後ですね。

レビューの方法について

私はそこまでオーディオに詳しいわけではありませんし、いろんなイヤホンを聞き比べた経験もありません。
なので今回のレビューマラソンは、手持ちのAudio-technica製ATH-CKM50との比較という形で進めたいと思います。

音質については同じ曲をイヤホンを変えて二度聴き、使用感装着感については一日レビュー商品を使用して生活してみるという形でレビューしていきます。
また、評価の方法ですが、単純にATH-CKM50との比較ではなく、価格性能比、商品が謳っている特長が実際に活きているかなど、商品そのものについての評価を合わせてしていきたいと思います。

SHE3580のレビュー:所感

前置きが長くなりましたが、実際に使ってみて感じたことを書いていきます。

パッケージ内容物。
サイズの違うイヤーピースが3種類付いてきます。

初期状態で付いている中間のサイズはちょっと大きかったので、一番小さなものに換えました。

早速装着して、ATH-CKM50と聴き比べてみました。

驚いたのは音の広がり。
この小さなハウジングでよくここまで立体感を出せるな、というのが第一印象です。
レコードのリマスター音源など、元々の音源のレベルが高くないものだと、ATH-CKM50との差はあまり感じませんでした。

ただ、オーケストラ音源、多数の楽器が使われている音源では、音の解像度が低いと言いますか、個々の音がはっきりしていない感じです。
このへんは価格なりと言ったところでしょうか。

また、中音域重視でクリアな音を出すATH-CKM50に慣れた私にとっては、ちょっと低音域が強すぎる感じがします。
が、重低音が好みの方には良いかも。

音の良し悪しよりもビートやリズムを重視するなら、必要十分な性能です。
同価格帯の他社製品よりも総合的には高性能と言えます。

総合評価

音質:【★★★☆☆】
★3つのうち1個は価格の割に、という加点。
ひとつ上の価格帯であれば★2つでしたね。
音の広がりはあるのですが、解像度の低さが気になります。
が、通勤通学時など普段使いには十分だと思います。

装着感:【★★★★☆】
ハウジングが小さいのと、小さなイヤーピースが付属しているので耳が小さい人でも快適です。耳殻に擦れて痛くなることもありませんでした。
私も耳道が狭いので、一番小さなイヤーピースにしていますが、遮音性や安定感は十分です。
軽いので疲れませんし。

使い勝手:【★★☆☆☆】
梱包時のケーブルのクセがなかなか抜けません。けっこうギチギチに巻いてあるので。
ジャックの構造も貧弱そうで、抜き差し時がちょっと不安。ケーブル自体も細いしね。

その他気に入ったこと・気になったことなど…
・タッチノイズは仕方ないかなぁ。
・思ったよりも口内音は少ない。
・カラーバリエーションが楽しい感じ。
・値段を考えれば、十分”アリ”です。

PHILIPSの公式サイトは↓のバナーからどうぞ。

※この記事は、「2010AW フィリップス ヘッドフォンマラソン」に参加し、メーカー(PHILIPS)より商品提供をうけています。
なお、記事の内容については、あくまでも私の主観で書いております。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク