シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「日本一の読者」が書いた「新書の読み方」 – 書評 – 新書がベスト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おそらく日本で一番本を読んでいるアルファブロガー、小飼弾さんの新刊です。

新書がベスト (ベスト新書)
新書がベスト (ベスト新書)

本書の著者は日本一の読者でもありますから、とても読みやすいです。
読者がどう読むのかを知り尽くしているような印象を受けます。

表現は簡潔で的確。
誤解の余地や解釈の幅が最小限に抑えられています。

活字は苦手…という人でも、あまり苦労せずに読み、理解できるのではないかと思います。

そして本書では、そのような全く読書の習慣がない人にも分かりやすく、新書の効用と読み方、買い方が丁寧に解説されています。
読書習慣を付けるために必要な具体的な行動は、簡潔にまとめれば以下の通り。

・まずは本棚を買う。
・そして、まずなんでも良いから新書を300冊買う。
・最初の10冊を何が何でも読み終わる。

私の場合、300冊まとめ買いはちょっと経済的に無理があります。
さらに、読書習慣もあります。
そして両親の蔵書している新書が150冊近くはありますので、とりあえずそこから取りかかろうと思ったら

“新たに本を読まなくなるリスクが。人は自分が盛っているものの価値を過大評価する性向があるので。<@ino717 @dankogai の新書の新書を読んで、300冊とか買えん(経済的に)とか思ってたら、自宅の書庫に100冊以上あった。とりあえず新しい新書を買うのは全部読んでからにする”

新たに本を読まなくなるリスクが。人は自分が盛っているものの価値を過大評価する性向があるので。<@ino717 @dankogai の新書の新書を読んで、300冊とか買えん(経済的に)とか思ってたら、自宅の書庫に100冊以上あった。とりあえず新しい新書を買うのは全部読んでからにする

と、著者ご本人からご指摘を受けました。
私のように大量の未読本を在庫している場合、目次だけでも目を通しておくように、というアドヴァイスも。

ちなみに、300冊買うのもマストらしい。

“駄目。そのために を出したといってもいいぐらい<@kameid …まず300冊買わないといけないだろうか。一冊ずつじゃ駄目? <新たに本を読まなくなるリスクが。人は自分が盛っているものの価値を過大評価する性向があるので<@ino717”

駄目。そのために http://ht.ly/1Y96M を出したといってもいいぐらい<@kameid …まず300冊買わないといけないだろうか。一冊ずつじゃ駄目?

さらに本書の良いところは、レーベル別の傾向や著者おすすめのタイトルが細かく書かれていること。

読書習慣のない方は、とりあえず本書に書かれているとおりの読み方をしてみて、読書に慣れている方は、著者おすすめの本の中から自分の気になる本を選んで読んでみるという使い方ができます。

読むべき本に迷ったときの、”本のレファレンス本”としても有用な一冊だと思います。

しかし、このタイトルを、このレーベルから出すのはネタとしか思えない(笑)

これから読書習慣を付けたい人、何を読んで良いのかわからない人、本を読むすべての人におすすめです。

(余談ですが、本記事のタイトルは著者の書評エントリーを真似したものです^^;)

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. […] This post was mentioned on Twitter by Dan Kogai, いのうえ@いのらぼ管理人. いのうえ@いのらぼ管理人 said: 「日本一の読者」が書いた「新書の読み方」 – 書評 – 新書がベスト http://twurl.nl/7rc7x1 […]

  2. 『新書がベスト』生き残るためには独自の「知の体系」を作ること。

    新書がベスト小飼 弾ベストセラーズ ( 2010-06-09 )ISBN: 9784584122846おすすめ度:sickboyのバインダーで詳細を見るMediaMarker

    ■感想
    本の読み方、読む際