シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ペリカンスーベレーンM600 憧れのペリカン緑軸

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

万年筆を使い始めてからずっと憧れだった、ペリカンの吸引式を入手しました!

いやー、貫禄ありますね。

M600は私の手にはちょうど良いサイズで、非常に書きやすいです。

接写。

絵になりますなぁ…。

ペン先はFです。

といっても、国産のBくらいはありそうな感じです。

若干平研ぎというか、私の好きな横細縦太の線。
書き味はさすがペリカン、無調整でも良い感じです。

ペリカンのニブは美しいですね。

モンブランや国産の、エラが張ったシャープな感じも良いんですが、ペリカンのなんとも言えない丸さというか、曲線美には見とれてしまいます。

筆記テスト。

インクはペリカンのロイヤルブルーを飲ませました。

ペリカン万年筆はただ所有欲を満たすだけでなく、実用品としても非常に高いレベルにあるペンだと思います。
そのうちM400ホワイトトートイスなんかも欲しいですね。

これから大いに活躍してもらう予定です。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク