シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プレスマン・ショート!?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

愛用しているメカニカルペンシル、プラチナのプレスマンを改造しました。

このエントリを参考にして同じような改造をされる場合、のこぎりやカッターを使うので、作業時には怪我をしないように十分気をつけてください。
また、お約束ですが、改造はすべて自己責任でお願いします。いかなる損害も当blogは補償いたしかねます。

さて、新聞記者や速記者などに人気のある、プラチナのベストセラーペンシル”プレスマン”ですが、例のペンクリップを使ってモレスキンに装着するにはちと長い。

頭の部分が出ちゃいます。

あ、画像のプレスマンが塗装されているのはスルーの方向で\( ̄▽ ̄)ヲイ
普通に分解して、つや消しグレーのスプレーで塗りました。

ということで、頭が飛び出さないように切り詰めちゃいます!

まずは分解。

そして、胴軸の端から1.7cm程度のところにマスキングテープを巻きます。
実際に切り取るのは1.5cm程度ですが、切り口が揃わなかったときの安全マージンと、鋸歯の厚みを考えて、1.7cmでマーキングします。

これは、切る場所のマーキングと、切り口周辺の保護が目的です。
多少の傷が付いても構わないと言う方は、目分量でもケガキでも構いません。

ちなみに、切る長さは1.7センチが限界です。
これ以上切ってしまうと、ノック部分に胴軸内側の段差が干渉してノックできなくなります。
まあ、6mmのドリルで段差を無くしてやればどうにかなりますが、旋盤でも無いと正確に段差だけを削るのは難しいでしょう。

切る場所が決まったら、のこぎりで切断します。
目の細かい、プラスチック対応の鋸がいいでしょう。
オススメはピラニア鋸です。

これが切り口。

鋸挽きの跡が残っていると汚いので、サンドペーパーで少し均します。
ついでに面取りも。

これで、胴軸の加工は終わりです。

次は中の芯を入れるチューブを切ります。

このように、切断した胴軸のかけらと長さを合わせてやると良いでしょう。

その際、かけらの長さに鋸歯の厚みをプラスすることを忘れずに。
但し切りすぎると修復できないので、鋸歯の厚みを加えなくてもいいかもしれません。
長すぎたらヤスリで徐々に短くしましょう。

切り方は、長さを決めてマーキングしたら、パイプの外周にカッターで切れ目を入れます。
何度か切れ目を入れて、切れ目の深さが厚みの半分くらいになったら、ポキッと折ります。
そうすると切り口がキレイに仕上がります。

中のパイプを切ったら、組み立てます。

今回、ペン本体に付いているクリップは使わないので付けませんでした。
必要な場合は付けてください。

だいぶ変わりました。
たった2cmにも満たない変化ですが、すごくコンパクトになった印象があります。

以上で、”プレスマン・ショート”完成です。
これで色を塗ってしまえば、プレスマンだと気づく人はいないかも(笑)

で、こちらが装着状態。

飛び出ていた頭が引っ込み、ノートと高さが揃いました。
見た目がとてもすっきりしましたね。

短くなったとはいえ、筆記時も全く問題ない長さです。
これで、より軽快になりました。

工作、楽しいですね。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. […]  aki’s STOCKTAKING 文具で楽しいひととき  私的電脳個物遊  いのらぼ This entry was posted in 日記 and tagged dan. Bookmark the permalink. ← 看板撤去 […]