シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

LAMY2000万年筆の落とし穴?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちょっと前の話なのですが、念願であったLAMY2000の万年筆を購入しました。

デザイン、コンセプト、機能、どれをとっても非常に秀逸で、高いレヴェルでバランスのとれた名作LAMY2000ですが、私の元へ来た子には意外なところに落とし穴がありました。

数ある万年筆メーカーの中でも、私はLAMYを非常に気に入っています。
LAMY2000の4色BPと出会い、Safariを知り、そのドイツらしい機能主義の哲学やストイックなデザインに惚れ込んでしまったのです。
あまりにも惚れ込んでしまって、次はスウィフトを買おうか、スピリットにしようか、はたまたステュディオか…と、まぁ夜な夜な妄想を膨らませています。

さて、今回のこのLAMY2000の万年筆ですが、私の所有する万年筆の中で唯一の吸入式です。

購入したのはF(細字)。
LAMYは他のメーカーに比べて字幅が広いと評判ですが、試筆の段階では、字幅はウォーターマンのFと同じくらいだったのです。
「あ、これくらいならちょうど良い」と思い購入。
しかしここで私は、”つけペン状態とインクを入れた状態ではインクフローが変わる”という基本事項を完全に失念しておりました…

4色BPを買った時から欲しくて欲しくてたまらなかった万年筆ですから、早速インクを入れてロディアに落書きを始めました。

…太い。サファリのMくらいの幅ですよ。

しかもインクが盛り上がるほどの潤沢さ。
モンブランのレーシンググリーンが、ブラックと見まがうほどに濃い。

この字幅の予想以上の太さと潤沢すぎるインクフローにより、当初のノート用から書簡用に用途変更です。
書き終わってから完全にインクが乾くまで、かなりの時間を要します。
ブロッターが欲しくなりました。

さらに、この燃費の悪そうなインクフローの割に特定の角度で引っかかる感覚があるのです。
試筆の時には運良く、その”特定の角度”が出なかったようで。
それ以外は、非常に柔らかく滑るような書き味。
やはりインクフローは書き味をかなり左右するようです。

さて、問題の引っかかり感。
LAMYって確か、出荷前に試筆検品してるって聞いたんだけれど?
と、思いつつ、ルーペでニブを見てみると、LAMYらしからぬ衝撃の光景が!!

わかりにくいですかね…
では正面から。

お気づきでしょうか。

なんと!! 切り割りの左右でイリジウムの大きさが違うのです!!
それも段差ができるほどに!!

そりゃー引っかかる感覚しますよ。

イリジウムの大きさを揃えるようにちょこっと研磨したんですが、私の技量では完全には解消できない。。。
これはもう、来月のWAGNER定例会に参加せよというお告げですかね。

しかし…サファリは2本ともキレイなニブポイントなのになぜ2000FPが。。。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク

コメント

  1. K.Maerklin より:

    同じ経験を致しました。Lamy 2000はデザインが優れていますが、信頼性などの問題が多くあり、実力は人気から大きくかけ離れていると思います。特に万年筆は駄目です。5年間ほど、修理・無償交換を何度も繰り返しましたが限界を知り、使用するのをやめました。高島屋で書き味を試して購入したものですが、その時には見通せませんでした。無償交換だけでも5回以上あり、その中にはペン先非対称の問題もありました。どの万年筆も書き味はひどく、調整や慣らしでは改善されません。最も弱いのはインク吸入機構です。動きが固い、内部でピストンが抜けてしまう、などの問題がありました。ピストンの摩擦が大きいためか、丁寧に使ったにもかかわらず、ノブを回す力でボディが避けてしまったこともあります。他にも不良、性能不足がありましたが、ここには書ききれませんので、この位にしましょう。現在、手元にあるものは、1年間、研磨を含めて使用しながらペン先を慣らし、そのペン先を残したまま、壊れたボディだけを交換して貰ったものです。使用可能ですが耐久性が心配なので、見るだけにしています。以上、ご参考になれば。

    • いの より:

      コメントありがとうございます。
      万年筆は個体差が大きいですからね。。。
      現在はとても美しいペン先を持った個体に巡り会えたので、愛用しています。
      不具合を感じたことは一度もありません。
      吸入機構については、他社インクを使っていたときに固くなる感じはありましたが、純正に戻してからはスムースそのものです。
      ペリカンのようにユーザーサイドで完全分解ができないモデルですから、内部機構にマイナーチェンジが加えられていてもユーザーは気づきません。
      マイナーチェンジを繰り返して徐々に良くなっているのでは?と思います。
      まあ、25,000円しないペンですから、毎日使って5年もてば元は取れると思いますし、知人には20年以上愛用している方もいらっしゃいますし、一概にL2kが評判の割に悪いペンだとは言えないのではないでしょうか。
      個人的には万年筆なんてどのメーカーのモノでもそんなもの(当たり外れは博打に近い)と思っています。
      一度ハズレのペンを手にしてしまうと、そのペンはいくら直してもダメなんですよね。。。
      ということで、新しく最新ロットのL2kFPをお手に取られてみてはどうでしょうか?