シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三菱uniのクルトガ(KURUTOGA)はストレスフリーなシャープペンシル

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ユニのクルトガがすごい。

ドクターグリップがデザインを変えてからここ数年、特に”これは!!”と思うような筆記具に出会っていなかったけど、久々のヒット。

まず思ったのは、コンセプトというか、目指すところはある意味ではドクターグリップと同じだな、と。
“ストレス無く書き続ける”という命題に対して、パイロットはphysicalなアプローチでドクターグリップを作ったのに対し、精神面でのストレスに着目してユニが出した答えがクルトガなんだと思います。

メカニカルペンシル独特なんだけど、筆記するときにストレスを感じる要素が結構多いんですよね。
芯の片減りが原因なんですが、線の太さにムラが出たり、芯が砕けて紙が汚くなったり、芯の先が紙に引っかかったりと…
今までは意識的にペン自体を回して片減りを回避してましたが、長時間の筆記作業ではそれもストレスになる。

自動的に芯を回転させるというアイディアはすごい。
とりあえず今日の昼から使ってますが、ドクターグリップでも軽減できなかった”精神的なストレス”は今のところ一度も感じていない。

芯を回転させる”クルトガエンジン”の作動感もほぼ皆無。
意識していれば、芯が沈み込む感覚があるものの、普通に書いていればまったく気にならない。
ラバーグリップ等でクルトガエンジンを隠してしまえばクルトガであることもわからないかもしれませんね。

強いて欠点を挙げるとすれば、あまり寝かせて書くとクルトガエンジンが作動しないこと。
これは、万年筆慣れしてしまっている私の癖が悪いのであって、というかメカニカルペンシルやボールペンは基本的には立て気味で書くものなので、欠点とは言えないでしょう。

コンビニでの出会いから数時間ですが、これからヘヴィーユースになりそうです。

スポンサーリンク
スポンサードリンク
スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサードリンク